審査委員講評
 

會田雄亮
陶芸家
東北芸術工科大学元学長・名誉教授、
愛知県立芸術大学客員教授
山形エクセレントデザインの強さは、工芸品から工業製品まで幅広い分野から応募が集まる事だろう。事実今回も、洒落たデザインコンセプトの山形銘酒「つや姫なんどでも」と、完成度の高い山形カシオ出品の水中で音声会話が出来る「ロゴシーズ」が最後まで大賞を競いあったのがハイライトであった。
激論の結果、平凡な黒い瓶を、色分けのラベル一つで現代的な素晴らしい酒瓶に作り上げ、日本酒の新しい楽しみ方を提案した「つや姫なんどでも」が大賞に輝いた。
審査を終えての心配は、エクセレントで生まれた優れた山形デザインの数々を、県内は勿論、東京をはじめ国内全般に強力なPRが出来るかどうかである。
 
 

五十嵐治也
工業デザイナー
筑波大学名誉教授、
東北芸術工科大学名誉教授
このコンペはデザインワークを基調として県ものづくり産業の振興を図ることを目的としている。その見地から今回は応募業種の範囲が広がり、点数も前回を上回ったことは喜ばしい。全製品に努力の跡が見られ趣旨が理解されてきていると思う中、入選の各製品は相応の成果を示したものと評価する。
しかし、今回気になる傾向も見られた。それは素晴らしい素材、優れた加工技術でありながら何か咀嚼しきれていないものが目立った点である。改めてデザインとは何を為すことなのか、その理念・実務の追求を望んでやまない。
 
 

廣田尚子
プロダクトデザイナー
有限会社ヒロタデザインスタジオ
マネージングディレクター
今回上位受賞デザインの質の高さには目を見張る素晴らしいものがありました。デザインは姿形だけではなく製品の本質的な価値を向上させるために役立ちます。製品の存在目的、既存技術の新しい用途開発、使いやすさへの徹底したこだわり、時代に即した外観の表現、生産クオリティ。その全てを見直し追求してようやく市場に受け入れられる質の高い製品となります。
山形エクセレントデザインを通して、戦略的にデザインを活用していく高い志が県全体に伝わっていくことを期待しています。
 
 

中山ダイスケ
アートディレクター
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科教授、
株式会社ダイコン 代表取締役
今回初めて審査を務めさせていただき、山形のモノ作りへの誠実さに感激しました。今後のために是非申し上げたいのは、製品が送り出された先への想像力です。作り手側の事情だけで作ったモノを、業界では「プロダクトアウト」と呼び、低く評されます。デザインとは、見た目や飾りではなく、使う側への目には見えない問いかけです。製品は制作者の思惑とは無関係に、それぞれの顧客の生活や事情というストーリーの仲間に入ります。ただ廃材を使いました、地場の素材を使いました、最新技術を応用しましたという作り手側の満足だけではデザインではありません。人がまだまだ温かい繋がりを保っている山形から、日本中で失われつつある人への問いかけがデザインされることを期待しております。
 
 

日野明子
クラフトバイヤー
スタジオ木瓜 代表
2年ぶりに開かれた本会は、開催に当たり、事前に審査委員が集まっての討議があり、「デザインとは問題解決のために計画を立て、創意工夫する行為」を要項に書き入れ、要項のグラフィックも一新された。見た目だけでないデザインがどれだけ集まるか期待がかかった。すべてがこの視点を捉えての応募とは言いがたかったが、今後、この意識が周知されることを期待する。
新しく対象となった食品のパッケージが、特に産学協働で目を見張った。
業界向けの機械などがここで審査され、評価されることは本会の意義のひとつであり、さらに多くの応募を期待したい。