文字の大きさ :  拡大   縮小   元に戻す 
 

トップ > 研究紹介

◆ 研究事業紹介 

「これまでの研究開発の成果」と「現在の取り組み」【PDF】


◆ 平成29年度 ものづくり基盤技術高度化関連研究

  自動車キーテクノロジー支援研究開発事業
表面機能を創成する微細切削・転写加工技術の開発
(担当部署:精密機械金属技術部)
金属およびプラスチック材料の表面に微細構造を形成する精密切削および微細射出成形加工技術の開発
フェーズドアレイ超音波探傷法を用いた鋳鉄内部欠陥評価法の確立
(担当部署:精密機械金属技術部)
フェーズドアレイ超音波探傷法による、鋳鉄内部欠陥形状の評価方法の開発
鋳鉄製造現場における固体発光分析の精度向上
(担当部署:精密機械金属技術部)
【経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業】
鋳鉄の製造現場で用いる固体発光分析について、持ち回り分析等を通じて分析精度の向上を図る
機械的信頼性向上に向けた熱可塑性樹脂の成形加工技術の開発
(担当部署:化学材料表面技術部)
熱可塑性樹脂成形品の機械的強度に及ぼす成形条件の影響を定量的に評価し、最適な設計手法を開発
難削材の複雑形状加工を可能とするカーボンナノチューブ複合長寿命レジンボンド砥石の開発
(担当部署:化学材料表面技術部)
超硬合金や耐熱合金、高速度鋼などの高能率・高精度加工が可能となるカーボンナノチューブ複合レジンボンド砥石を開発
めっき皮膜/母材界面組成が密着性に及ぼす影響
(担当部署:化学材料表面技術部)
グロー放電発光分光分析装置(GD-OES)などを用いて、めっき皮膜/母材界面組成を詳細に解析し、密着性に及ぼす影響の究明
  環境・エネルギー関連技術研究開発事業
センサーネットワークによる情報収集システム開発
(担当部署:電子情報システム部)
MEMSの複合センサーを使用した情報収集システムの開発
AQ性能を実現する木材の耐候性向上技術の開発
(担当部署:化学材料表面技術部)
日本住宅・木材技術センター優良木質建材等認証(AQ)性能を実現する木材の表面・塗装処理技術の開発
  ロボット応用システム開発事業
共振型マルチモーダルセンサの開発
(担当部署:電子情報システム部)
サービスロボットに搭載可能なガスやにおい成分を計測するシリコン共振型マルチモーダルガスセンサを開発
超上流からのロボット設計技術の開発
(担当部署:電子情報システム部)
ロボットの導入の成否を分ける超上流工程の改善のため、ロボット固有の検討項目に対する要求を的確に把握し、コストを勘案して仕様に反映する設計技術を開発
人工知能を応用した認識・予測手法の確立
(担当部署:電子情報システム部)
人工知能を応用した、画像・計測データなどの認識・予測手法を確立と自動化を開発
  医療ものづくり技術開発事業
ヘルスケアセンサ向け非真空ビルドアップMEMSプロセスの開発
(担当部署:電子情報システム部)
ウェアラブルヘルスケアセンサ試作と非真空ビルドアップ型電子デバイス作成技術の開発
光計測による錠剤用徐放膜管理システム開発
(担当部署:電子情報システム部)
錠剤の徐放膜の評価は、現在、数時間かかる溶出試験でしか評価できないため、光計測(OCT計測)を用い溶出時間の推定を実現
金属・樹脂複合体の3Dプリンティング技術の開発
(担当部署:化学材料表面技術部)
ウェアラブルデバイス等の局所的な機能性の付加、3次元配線への応用を目的とし、レーザープレーティング(天田)、UV3D複合プリンティング等(県単)により生成した金属を3次元的に樹脂の自由曲面に配置する技術を開発
  技術開発・改善
超音波楕円振動を活用したダイヤモンド切削工具の機上形成
(担当部署:精密機械金属技術部)
超音波楕円振動切削による精密・大面積加工において、摩耗したダイヤモンド切削工具を加工機から取り外すことなく機上成形したうえ刃先の精密位置決めを行う技術の開発

◆ 平成29年度 地域資源付加価創造関連研究

  やまがたフードセンシング活用事業
官能センシング評価を活用する県産酒のフレーバー成分分析
(担当部署:食品醸造技術部)
県産酒の香味成分分析の実施、独自フレーバーチャート作成による県内企業への有益な技術情報の提供
県産ワインの風味向上技術に関する研究
(担当部署:食品醸造技術部)
ブドウの栽培方法の違いと生成したワインの成分特性解析に基づき、特徴的な酸味、味わい、香り等を高めた県産ワインの開発
県産食用花の外観を生かした新規加工食品の開発
(担当部署:食品醸造技術部)
新規食用花弁加工技術を確立し、花弁強度と外観(形状・色調)を保持する通年利用可能な食品用新規花弁加工品を開発
果肉硬度に着目した果実加工品の開発
(担当部署:食品醸造技術部)
保存中に果肉が軟化する果実をカルシウム剤と加熱処理を組合わせ任意の硬さに調整された1次加工品を開発
共生発酵技術を用いた新規乳酸菌利用発酵食品の開発
(担当部署:食品醸造技術部)
植物性乳酸菌を分離選抜し、県産野菜や果物を発酵させた新規発酵食品及び県オリジナル酵母と共生発酵させた高付加価値発酵食品素材を開発
複合酵素・発酵技術とメタボロミクスを活用した高付加価値果実加工品開発
(担当部署:庄内試験場 特産技術部)
県産メロンを中心に新規加工素材及び酵素処理や発酵技術により高付加価値な果実加工品の開発
発酵と官能センシング評価活用した新規低塩漬物開発
(担当部署:庄内試験場 特産技術部)
乳酸菌の活用と製造工程の改良などによる、低塩・無塩漬物の製造技術の開発
  技術開発・改善
麻及び絹の捲縮加工による春夏素材の開発
(担当部署:化学材料表面技術部)
麻のマーセル化加工、絹の塩縮加工により捲縮性をもたせニット製品に適した紡績糸を開発
県産紅花加工技術の高度化と染色工業への応用
(担当部署:化学材料表面技術部)
紅花の乾燥花弁(乱花)へ酵素添加による赤色色素生成量の増加、染色性の向上と機械染色の開発
繊維製品の摩擦堅ろう度向上技術の開発
(担当部署置賜試験場 特産技術部)
レーヨンや絹など、素材毎に異なる色移りのメカニズムを明らかにし、濃色染めの摩擦堅ろう度を向上させる加工技術の開発
県オリジナル酵母の開発と県産米とのマッチング研究
(担当部署食品醸造技術部)
「雪女神」に適し、純米大吟醸酒に用いる高アルコールと新たな吟醸香を生成する山形酵母の取得

トップ > 研究紹介